rintaro omi
トップページブログ
尾見林太郎 プロフィール
ピアニスト 尾見林太郎
尾見林太郎

武蔵野音楽大学器楽学部卒業。1994年渡独。国立シュトゥットガルト音楽大学大学院で5年にわたり、コンラート・リヒター氏のもとでピアノ独奏及び歌曲伴奏法を学ぶ。

2000年よりライプツィッヒにてピアノ独奏、歌曲伴奏、室内楽など演奏活動をするかたわら、アマデウス・ウェーバージンケ氏よりバロック音楽の解釈と奏法を学び、タマーシュ・バシャーイ氏、マルクス・トーマス氏より演奏指導を受け、さらに研鑽を積む。

2006年 12年間生活したドイツより帰国し、拠点を日本に。
2006年 王子ホール、11月に音楽の友ホールでリサイタル開催。
2008年 福岡サンパレスホール、台東区ミレニアムホールにてソロリサイタル。
2009年 北区北とぴあにてソロリサイタル。
    秩父ミューズパーク音楽堂“未来への響き”に参加。
2010年 やなか音楽ホール 音楽の宝石箱vol.2「ドイツ歌曲とアリアの調べ」に伴奏出演。
2011年 2・11月杉並公会堂にてソロリサイタル。
2013年 10月杉並公会堂にてソロリサイタル「展覧会の絵」。

その他各地でのサロントークコンサートも多数開催し活動の場を広げている。

これまでにピアノを三木真弓、田邊融、渡邊規久雄、エルジェーベト・トゥーシャ、コンラート・リヒター、アマデウス・ウェーバージンケ、タマーシュ・バシャーイ、マルクス・トーマスの各氏に師事。
演奏活動のほか、定期的にバロック音楽のアナリーゼ、古典楽曲の解釈、ピアノ指導者へのアドバイスレッスンを各地で行っている。

2007年9月ファーストアルバム【OMI SPIELT DEUTSCH】をライズワンよりリリース。2009年9月セカンドアルバム【BEETHOVEN LAST PIECES】リリース。好評発売中。>>DISC

2016年第8回さくら音楽コンクール、第4回あおい音楽コンクール、ピアノ部門審査委員長
全日本ピアノ指導者協会正会員 / ピティナステップアドバイザー

ピアニスト尾見林太郎